コピルアクの入手方法と知っておきたい基本知識

コピルアクは名前だけ有名で多くの人が口にしたことないコーヒー豆のひとつです。

映画「最高の人生の見つけ方」の大富豪が愛飲していたり、コーヒーを美味しくするおまじないとして「かもめ食堂」にも登場しますね。

有名な理由は2つ

  • 特殊な栽培方法
  • 驚きの価格

それぞれどんな理由なのか、詳しく解説していきます。

 

特殊な栽培方法

本来、木になる果実の中にある種を焙煎したものがコーヒー豆になります。

果実も食べられなくはないのですが、あまり美味しくはないので洗い流すなどの処理をするのが普通です。

しかし、この果実が好物という動物がインドネシアにいます。

それが、ジャコウネコです。

ジャコウネコは食べたコーヒーの種をうんちと一緒に排出します。

これをキレイに洗って焙煎したものがコピルアク。なかなか衝撃的です。

 

コーヒー愛好家にファンが多い

ゲテモノ風な栽培方法ですが、大量生産できないこともあって一杯の値段は5,000円を超えるなんてことも…!

コンビニで買えば100円ですから50倍もの価格です。

しかも、その独特の風味はコーヒー愛好家にファンが多く、品質の評価も希少価値を高めています。

 

生産地は意外にもインドネシア

ジャコウネコは亜熱帯地域に広く生息していますが、コピルアクに取り組んでいるのは主にインドネシアです。

意外にもアジア圏で、ブラジルなどより日本からもそう遠くない場所で作られています。

インドネシアのコーヒの特徴はこちら

 

実は日本でもかんたんに手に入る

まるで幻のコーヒーのように語られるコピルアクですが、意外にも日本でかんたんに手に入ります。

価格もお店なら一杯で5,000円はくだらないですが、自分で淹れる分にはもっと安く手に入ります。

楽天やAmazonでも出品されていて、お試しセットなら50g(大体3〜4杯分)から買えます。

ちょっとした贅沢や、プレゼントとして最適ですね。

かなり安いものも売っていますが、偽物や混ぜものが入っている可能性があるので、2,000円より安いものは買わないのをおすすめします。

買うなら2,000円以上がおすすめ!

 

猫にコーヒー豆を与えてもコピルアクにならない理由

生物学的にはネコ科のジャコウネコですが、普段の猫とは3,000万年以上前に枝分かれした種族なので身体の作りから何から違います。

イメージではピカチュウとハム太郎くらい違います。

なので、猫にコーヒー豆を与えてもコピルアクにはなりません。

むしろ、猫にカフェインは絶対に与えないでくださいね。

ジャコウネコは進化の過程で熟したコーヒーの実を食べることができるようになっただけです。

それでも3,000万年かかってますから。

とにかく猫にコーヒー豆は与えないようお願いします。

 

まとめ

ジャコウネコの力を借りないと作ることができないコピルアク。

うんちから取り出したものが高級品になるなんて衝撃ですよね。

インドネシアで作られているというのも意外だったんじゃないでしょうか。

楽天やAmazonでかんたんに手に入りますので、ぜひ挑戦してみてくださいね。

もっと世界のコーヒー豆を見てみる