中東・アフリカ地域のコーヒー豆

中東・アフリカ地域|コーヒー豆発祥の地

中東・アフリカ地域のコーヒー豆一覧

イエメン エチオピア カナリア諸島
カメルーン ケニア カーボヴェルデ
コンゴ民主共和国 ブルンジ セントヘレナ島
タンザニア ルワンダ マラウイ
南アフリカ

「モカ」「キリマンジャロ」など聞き馴染みのあるブランド豆の生産地です。諸説ありますが、コーヒーの発祥の地として語られる「イエメン」「エチオピア」もこの地域にあります。

あのコーヒーと輸入食品の「カルディ」の由来にもなっている「ヤギ飼いカルディ」がコーヒー豆を発見したのがエチオピアとされています。


…もっと他の地域のコーヒー豆を調べてみる

発展途上国だからこそコーヒー豆にも伸びシロ

13の国のほとんどが発展途上国で、経済的発展の途中です。
それでも「キリマンジャロ」や「モカ」などの世界的ブランドを持っていることは驚くべきことです。

今度の経済発展と共に、より高品質なコーヒー豆を生産していくことができるだろうと、世界中から伸びしろを期待されている地位でもあります。

超有名ブランド豆の生産地

中東・アフリカといえば「モカ」と「キリマンジャロ」の2大ブランドを生産している地域です。

モカの中でも高級豆の「モカ・マタリ」を生産するイエメンや、アフリカ最高峰のキリマンジャロ豆を生産するタンザニア。どちらもコーヒーを語る上で外すことのできない高品質なコーヒー豆です。