アジア・オセアニア地域のコーヒー豆

アジア・オセアニア地域|世界が注目する伸びシロ

アジア・オセアニア地域のコーヒー豆一覧

日本 ハワイ オーストラリア
ニューカレドニア インドネシア パプアニューギニア
東ティモール ネパール ミャンマー
中国 フィリピン 台湾
インド タイ

コーヒー豆の生産量が世界トップ10に入るベトナム、インドネシア、インドが入りますが、多くはインスタントコーヒーなどに使われるコモディティ(一般的に消費される)コーヒーです。

コーヒーを生産する土壌はそろっているため、その伸びシロに世界が注目しています。
…もっと他の地域のコーヒー豆を調べてみる

実は明治時代からあるメイドインジャパン

日本では明治時代から始まったとされるコーヒー栽培。
現在では気候の適している沖縄本土、石垣島、徳之島、小笠原諸島などで栽培されています。
ただ、台風などの天候被害も大きいため安定した大量生産には向いておらず、ほとんどが観光地のお土産として消費れています。

有名な高級豆はこの地域に

一般流通しているなかでも高級なハワイ生産の「ハワイコナ」。かなり特殊な生産方法として知られるインドネシア産最高級豆の「コピ・ルアク」もアジア・オセアニア地域が誇るコーヒー豆です。

有機栽培や生産拡大など各国に伸びシロあり

発展途上国もあることから、支援団体などを通じて有機栽培コーヒーに力をいれている国がいくつかあります。
コーヒーは各国の輸出産業として期待されており、アジア・オセアニア地域の有機栽培コーヒーが今後増えていくことは間違いありません。

また、中国・インド・台湾などお茶のイメージが強い国でもコーヒー文化は根強く、独自のノウハウや土地柄を活かした生産拡大に力を入れています。