タンザニア産コーヒー豆のデータ(味/特徴/おすすめ焙煎度)

豆の味

  • 酸味:
  • 苦み:
  • 甘味:
  • キレ:
  • コク:

 

タンザニア産の特徴

フルーティで濃厚な甘みと強い酸味がある豆です。後味がすっきりしているので飽きがこない味になります。

肥沃な赤土で育てられたコーヒーなので、クオリティの高い豆が生産されています。日本と同じく軟水の国なので、日本人の口に合いやすい産地のコーヒーです。

豆のほとんどは、キリマンジャロの麓のコーヒー農園で生産されているので、長年そこから優良な質の高い豆が多く生産されています。

 

おすすめの焙煎度

香ばしさをきわ立てる中深煎りがおすすめです。マスカットのような果実の爽やかな香りと、アロマを引き出せる絶妙の焙煎度です。

  • コクをもう少し感じたい
    ・・・フレンチロースト
  • 豆そのものの特徴を感じたい
    ・・・ハイロースト
豆を購入する際に「○○産のハイローストはありますか?」と聞くとスムーズです。
豆の焙煎度一覧豆の焙煎度一覧

 

おすすめ挽き方

ベストは中挽き

(出典:「De’Longhi コーヒー豆とエスプレッソ」より)

調和のとれた豆の味を楽しみたいなら、中挽きがおすすめです。

より大人好みのビターさを感じたいなら、細挽きにするとより複雑な風味とより深いコクが楽しめます。

お店で買う場合も、自分で引く場合も挽き方でコーヒーの味が変わるので覚えておくと便利です。

 

製法と使用品種

製法:ウォッシュド

使用品種:水洗式アラビカ種

 

記事のURLとタイトルをコピー