南アフリカ産コーヒー豆のデータ(味/特徴/おすすめ焙煎度)

豆の味

  • 酸味:
  • 苦み:
  • 甘味:
  • キレ:
  • コク:

 

南アフリカ産の特徴

南アフリカの高地で寒暖差の激しいという環境は、コーヒー豆の生産に向いています。

商業を目的として大量生産している農園が少なく、多くは日本の市場には出回らない希少種です。品質の高いコーヒー豆として名前が売れており、世界的にも注目されています。

全体のバランスが高いレベルで調和しているので、フルーティーな香りとともに、深いコクを感じることできるのが特徴です。

おすすめの焙煎度

味のバランスのいい品質の高い豆ですので、焙煎度によって味の違いを作ることができます。

  • フルーティーさを感じたい
    ・・・ミディアムロースト
  • 深いコクと苦味を楽しみたい
    ・・・シティロースト
豆を購入する際に「○○産のハイローストはありますか?」と聞くとスムーズです。
豆の焙煎度一覧豆の焙煎度一覧

 

おすすめ挽き方

ベストは中細挽き

(出典:「De’Longhi コーヒー豆とエスプレッソ」より)

品質の高いキレのある苦味を堪能するなら中細挽きがおすすめです。香り高い美味しいコーヒーを淹れることができます。甘みを感じたい場合は一段階荒い中挽きに挑戦してみるのも面白いです。

お店で買う場合も、自分で引く場合も挽き方でコーヒーの味が変わるので覚えておくと便利です。

 

製法と使用品種

製法:ウォッシュド

品種:SL28、SL34

*SLとはスコット研究所(Scott Laboratories)の頭文字。
28なら28番目の品種、34なら34番目。どちらも高品質で認められた品種。

 

記事のURLとタイトルをコピー