ルワンダ産コーヒー豆のデータ(味/特徴/おすすめ焙煎度)

豆の味

  • 酸味:
  • 苦み:
  • 甘味:
  • キレ:
  • コク:

 

ルワンダ産の特徴

香り高く、爽やかでフルーティーな酸味が特徴的。甘味と酸味のバランスが良く、口当たりが滑らか。50万以上に及ぶ小規模農家による、農薬や有機肥料を使用しない自然栽培がメジャーです。

2000年以降、国全体でスペシャルティコーヒーに取り組み始め、130以上の精製工場を作りました。そのおかげで丁寧に精製することができるようになり、高品質豆を産出しています。上質なものはチェリーのような香味があります。

 

おすすめの焙煎度

魅力である上質な酸味と甘味を最大限に引き出す中煎り〜中深煎りがおすすめです。

  • フルーティーな酸味を感じたい
    ・・・ハイロースト
  • コクと甘みをより感じたい
    ・・・フルシティロースト
豆を購入する際に「○○産のハイローストはありますか?」と聞くとスムーズです。
豆の焙煎度一覧豆の焙煎度一覧

 

おすすめ挽き方

ベストは粗挽き

(出典:「De’Longhi コーヒー豆とエスプレッソ」より)

バランスの良い豆なので、より爽やかな飲み口を求めるなら、酸味をほどよく引き出す粗挽きがおすすめ。

中細挽きにすると、苦味のウェイトが少し多くなり、コクとまろやかさが加わります。

お店で買う場合も、自分で引く場合も挽き方でコーヒーの味が変わるので覚えておくと便利です。

 

製法と使用品種

製法:ウォッシュド

品種:ブルボン

 

記事のURLとタイトルをコピー