ペルー産コーヒー豆のデータ(味/特徴/おすすめ焙煎度)

豆の味

  • 酸味:
  • 苦み:
  • 甘味:
  • キレ:
  • コク:

 

ペルー産の特徴

一日の寒暖差が激しいペルーでは実がしっかりとしたコーヒー豆ができます。

酸味よりも甘味や苦みのある味わいが特徴的なまろやかで後味のいいコーヒーです。全体的にバランスのとれた味が特徴です。

世界有数のオーガニックコーヒー輸出国

300年以上もティピカ種というコーヒー豆の品種を大切にし続けているペルー。
長い時間をかけて磨き続けてきたクオリティは世界有数のオーガニック認定やフェアトレード認定という形で証明されています。

 

おすすめの焙煎度

酸味より甘味や苦味が特徴のペルー産コーヒー豆は中深煎がおすすめです。

柔らかい口当たりがよく、それぞれの良さを引き立たせます。バランスの良い味を楽しめます。嫌味な苦味ではないため、深煎りでも飲みやすいです。普段は深煎りを飲まない人でも挑戦しやすいコーヒーです。

  • 全体的に味のバランスを楽しみたい
    ・・・シティロースト
  • コクを少し強くしたい、濃いめに挑戦したい
    ・・・フルシティロースト
豆を購入する際に「○○産のハイローストはありますか?」と聞くとスムーズです。
豆の焙煎度一覧豆の焙煎度一覧

 

おすすめ挽き方

ベストは中挽き

(出典:「De’Longhi コーヒー豆とエスプレッソ」より)

グラニュー糖とザラメの中間くらいの粒度となる中挽きにするとバランスのとれたペルー産コーヒーの味を引き立てます。

お店で買う場合も、自分で引く場合も挽き方でコーヒーの味が変わるので覚えておくと便利です。

 

製法と使用品種

製法:ウォッシュド

使用品種:アラビカ種

 

記事のURLとタイトルをコピー