パナマ産コーヒー豆のデータ(味/特徴/おすすめ焙煎度)

豆の味

  • 酸味:
  • 苦み:
  • 甘味:
  • キレ:
  • コク:

 

パナマ産の特徴

高価ですが、すっかり有名になったゲイシャなど、爽やかな飲み口であっさりと、しかしキレがあるのも特徴です。

ふんわりと広がる香りも、とても華やかで不思議な奥行きがあります。

過去最高額の品種を生んだ土地

2004年に生産されたゲイシャ種の豆が国際オークションにかけられたことで有名。
そこでコーヒーとしては史上最高値が付いたことで国内でもゲイシャ種の生産が盛んになりました。

おすすめの焙煎度

特徴である甘味を出し、バランスよく味わうには中煎り、シティローストがよいですが、好みによっては中深煎りのフルシティローストにするのもおすすめです。

  • 甘みをよりしっかり感じたい
    ・・・シティロースト
  • さらに深いコクを感じたい
    ・・・フルシティロースト
豆を購入する際に「○○産のハイローストはありますか?」と聞くとスムーズです。
豆の焙煎度一覧豆の焙煎度一覧

 

おすすめ挽き方

ベストは中挽き

(出典:「De’Longhi コーヒー豆とエスプレッソ」より)

爽やかな飲み口を実現するために細挽きよりも断然中挽きがおすすめです。

ゆっくりと時間をかけて丁寧にドリップすることで味にまるみが出てまろやかになります。

お店で買う場合も、自分で引く場合も挽き方でコーヒーの味が変わるので覚えておくと便利です。

 

製法と使用品種

製法:ワイニー製法

使用品種:アラビカ

 

記事のURLとタイトルをコピー