ミャンマー産コーヒー豆のデータ(味/特徴/おすすめ焙煎度)

豆の味

  • 酸味:
  • 苦み:
  • 甘味:
  • キレ:
  • コク:

 

ミャンマー産の特徴

ナッツの香りと濃いめの甘味があり、そして酸味は少なくあっさりした味が特徴です。柔らかな口当たりで、チョコレートやティーの茶葉を感じさせるフレーバーが隠されています。

ドリップでも水出しでも美味しく飲んでもらえます。高い標高で作られているので、豆は高品質でバランスが取れた風味をもっています。生産工程も、ほぼ全てを手作業で行っているので、ナチュラルなぬくもりのあるコーヒーです。

 

おすすめの焙煎度

ディープな甘味と爽やかなあと味を堪能したいなら、ミディアムローストがおすすめです。フローラルな華やかさもあり、尚且つしっかりとしたボティがあり、キャラメルのような香しさが味わえます。

  • 酸味をプラスしたい。
    ・・・ハイロースト
  • コクの深さが欲しい。
    ・・・シティロースト
豆を購入する際に「○○産のハイローストはありますか?」と聞くとスムーズです。
豆の焙煎度一覧豆の焙煎度一覧

 

おすすめ挽き方

ベストは中細挽き

(出典:「De’Longhi コーヒー豆とエスプレッソ」より)

クセのないコーヒーなので、中細引きでしっかりとフレーバーを出していくのがおすすめです。味わい深いバランスで、この豆独特の良さを引き出すことができます。

お店で買う場合も、自分で引く場合も挽き方でコーヒーの味が変わるので覚えておくと便利です。

 

製法と使用品種

製法:ウォッシュド
使用品種:カツーラ、カツアイ

 

記事のURLとタイトルをコピー