マラウイ産コーヒー豆のデータ(味/特徴/おすすめ焙煎度)

豆の味

  • 酸味:
  • 苦み:
  • 甘味:
  • キレ:
  • コク:

 

マラウイ産の特徴

マラウイコーヒーは、水が豊富にあるコーヒー栽培に適した高地で有機栽培により育てています。

柑橘系の香りがあるので、口に含んだ瞬間に爽やかな風味が広がり、そして香ばしく、味わいはすっきりとしています。焙煎度により、様々な風味を楽しむことができます。

 

おすすめの焙煎度

中深煎りにすると、独自の柑橘系の爽やかな味わいにスパイシーな香りも加わり、苦味を引き立てます。飲みごたえがある重厚な仕上がりになるのです。

  • 程良い苦味と爽やかな酸味を感じたい
    ・・・シティロースト
  • 濃厚なダークチョコレートのような風味を味わいたい
    ・・・フレンチロースト
豆を購入する際に「○○産のハイローストはありますか?」と聞くとスムーズです。
豆の焙煎度一覧豆の焙煎度一覧

 

おすすめ挽き方

ベストは粗挽き

(出典:「De’Longhi コーヒー豆とエスプレッソ」より)

柑橘系の甘酸っぱさや苦味をいかすために、微細な粉が入っていると、雑味が混じってしまうので、豆は粗挽きがおすすめです。さらにネルドリップで抽出すると、余分な酸味を弱めることができます。

お店で買う場合も、自分で引く場合も挽き方でコーヒーの味が変わるので覚えておくと便利です。

 

製法と使用品種

製法:フルウォッシュド

品種:ゲイシャ、ニカ(カチモール)、Sアガロ、ムンドノーボ

 

記事のURLとタイトルをコピー