日本産コーヒー豆のデータ(味/特徴/おすすめ焙煎度)

豆の味

  • 酸味:
  • 苦み:
  • 甘味:
  • キレ:
  • コク:

 

日本産の特徴

栽培される標高が比較的低いこともあり、苦味やコクはしっかりと感じられながらもスッキリとした後味が特徴のコーヒー豆です。

コーヒーの生産に適した地域であるコーヒーベルトに北緯や南緯が近い小笠原や沖縄で栽培されているものが有名で、台風などの対策などを行う必要があり大規模な生産は行えていません。

 

おすすめの焙煎度

日本産のコーヒー豆の特徴を活かすなら苦味やコクを深める中煎りが向いています。

  • 苦味とコクのバランスの良い仕上がり
    ・・・シティロースト
  • 酸味を抑えたより深い苦味と香ばしさを感じられる仕上がり
    ・・・フルシティーロースト
豆を購入する際に「○○産のハイローストはありますか?」と聞くとスムーズです。
豆の焙煎度一覧豆の焙煎度一覧

 

おすすめ挽き方

ベストは中挽き

(出典:「De’Longhi コーヒー豆とエスプレッソ」より)

日本産のコーヒー豆の特徴であるクリアな後味を楽しむには、雑味を抑えてクリアな味わいを楽しめます。

しっかりと苦さを楽しみたい場合はコクと苦味が強く感じられる細挽きで少し印象を変えて楽しむこともできます。

お店で買う場合も、自分で引く場合も挽き方でコーヒーの味が変わるので覚えておくと便利です。

 

製法と使用品種

製法:パルプドナチュラル

品種:アラビカ種

 

記事のURLとタイトルをコピー