ジャマイカ産コーヒー豆のデータ(味/特徴/おすすめ焙煎度)

豆の味

  • 酸味:
  • 苦み:
  • 甘味:
  • キレ:
  • コク:

 

ジャマイカ産の特徴

コーヒー豆の王様と呼ばれる豆です。
やや甘みと酸味が強く出ながらも、全体的にはバランス良くまとまった味を持ちます。
数あるコーヒー豆の中でも取り分けて香り高いのが特徴で、香りの弱い豆とのブレンドに使われています。

大人気ブルーマウンテンの栽培地

栽培される標高によって等級が分けられ、中でも標高800メートルから1500メートルで育てられた豆はブルーマウンテンと言う名前がつけられます。
栽培可能地域が限られているため、希少性が高く、高価な豆で日本でもジャマイカコーヒー=ブルーマウンテンとイメージしてしまうほど親しまれています。

 

おすすめの焙煎度

バランスよく纏まったジャマイカ産コーヒー豆の強みを損ねること無く、香りの深みを引き出す最適な焙煎度を知ることが重要です。

THE・ジャマイカを感じたいなら
・・・ミディアムロースト

より強い香りを楽しみたい
・・・ハイロースト

豆を購入する際に「○○産のハイローストはありますか?」と聞くとスムーズです。
豆の焙煎度一覧豆の焙煎度一覧

 

おすすめ挽き方

ベストは中粗挽き

(出典:「De’Longhi コーヒー豆とエスプレッソ」より)

豆が柔らかいため、細かく挽きすぎると粉っぽさが出てしまいます。少し形が残っている程度で抑えておくと、この豆の特徴である香りの高さを良く味わう事ができます。

お店で買う場合も、自分で引く場合も挽き方でコーヒーの味が変わるので覚えておくと便利です。

 

製法と使用品種

製法:ウォッシュド

品種:ティピカ種

 

記事のURLとタイトルをコピー