インドネシア産コーヒー豆のデータ(味/特徴/おすすめ焙煎度)

豆の味

  • 酸味:
  • 苦み:
  • 甘味:
  • キレ:
  • コク:

 

インドネシア産の特徴

全体的に濃厚な苦味、コクが強い特徴があります。熱帯気候で、火山の肥沃な土壌、標高1,000m以上の高地で自然栽培されています。

世界でも有名な、マンデリンは苦味が強いのでミルクで割り、カフェオレにして飲むのも良いです。また、マンガライはスマトラ式コーヒーで、マンデリンに似ていますが、ほどよい自然な甘味と香りが加わっています。

 

おすすめの焙煎度

特徴的な苦味とコクをじっくり味わいたいなら深煎りがおすすめです。酸味はほぼ感じられないので、飲みやすいです。また、酸味と甘みを感じたい場合は、浅~中煎りにしても良いです。

  • 苦味と甘味のバランスを感じたい
    ・・・フルシティーロースト
  • 酸味を強く感じたい
    ・・・ハイロースト
豆を購入する際に「○○産のハイローストはありますか?」と聞くとスムーズです。
豆の焙煎度一覧豆の焙煎度一覧

 

おすすめ挽き方

ベストは極細挽き

(出典:「De’Longhi コーヒー豆とエスプレッソ」より)

独特な強い苦味と香りを感じたいなら、極細挽きがおすすめです。甘味と酸味はさっぱりしているのでブラックコーヒー好きにはたまらないです。

カフェオレ、アイスコーヒーを楽しみたいなら、中挽きにするとおいしく仕上がります。

お店で買う場合も、自分で引く場合も挽き方でコーヒーの味が変わるので覚えておくと便利です。

 

製法と使用品種

製法:セミウオッシュド

品種:アラビカ、カネフォラ、ロブスタ

 

記事のURLとタイトルをコピー