ハワイ産コーヒー豆のデータ(味/特徴/おすすめ焙煎度)

豆の味

  • 酸味:
  • 苦み:
  • 甘味:
  • キレ:
  • コク:

 

ハワイ産の特徴

ハワイは、火山によってできた豊かな土壌、十分な雨量と日照時間、標高など上質なコーヒ豆を栽培する上で必要な自然環境が整っているので、美味しいコーヒ豆が育ちます。

一番有名なのはコナコーヒー。酸味、コク、風味のどれもが秀でているので、それらをバランスよく引き出す焙煎や挽き方をすることでより一層美味しくなります。

コナコーヒーの他にカウ地区で栽培されているカウコーヒーなどがあり、それぞれの地区によって土壌が異なることで豆の味も変わってきます。

 

おすすめの焙煎度

コナコーヒーは、ハワイのコーヒ豆の中でも希少価値が最も高く超上級品です。浅めに焙煎することにより、豆本来の香りや特徴がより一層際立ちます。

  • 最高級の味わいを一番引き立ててくれる焙煎
    ・・・ミディアムロースト
  • ミディアムローストにはない苦味を引き出したい
    ・・・シティロースト
豆を購入する際に「○○産のハイローストはありますか?」と聞くとスムーズです。
豆の焙煎度一覧豆の焙煎度一覧

 

おすすめ挽き方

ベストは中細挽き

(出典:「De’Longhi コーヒー豆とエスプレッソ」より)

コーヒーは淹れ方によってベストな挽き方が変わってきます。ペーパードリッパーや家庭用のコーヒーメーカーを使って淹れる場合は中細挽きがおすすめです。

また、ハワイ産のコーヒー豆はバランスの整った味が魅力ですので、豆本来の味のバランス十分に引き出したい場合は中挽きも良いでしょう。

お店で買う場合も、自分で引く場合も挽き方でコーヒーの味が変わるので覚えておくと便利です。

 

製法と使用品種

製法:ウォッシュド
品種:ティピカ種

 

記事のURLとタイトルをコピー