グアドループ産コーヒー豆のデータ(味/特徴/おすすめ焙煎度)

豆の味

  • 酸味:
  • 苦み:
  • 甘味:
  • キレ:
  • コク:

 

グアドループ産の特徴

カリブ海特有の甘い香りと甘酸っぱさが印象的な豆です。

ブルーマウンテンと同じ経路で、フランス人によりグアドループ島に持ち込まれたティピカ種の豆は、300年近く他品種と交わることなく今も純粋な原種として残っており、希少価値が高い品種です。

上質な甘みを醸し出す高品質豆

ブルーマウンテンと同系列のティピカ種豆は、上質な甘味に加えてかすかに感じる苦味とコクがあり、上品ですっきりとした味わいを醸しだしています。強い旨味があり、日本人にも好まれる味です。

 

おすすめの焙煎度

豆のかすかな苦味を引き出し、香ばしい香りとコクが堪能しましょう。
温暖なカリブ海で純粋に育てられた豆の風味を損なわない焙煎が必要です。

酸味とかすかな苦味を感じたい
・・・ハイロースト
深いコクを味わいたい
・・・フルシティロースト

豆を購入する際に「○○産のハイローストはありますか?」と聞くとスムーズです。
豆の焙煎度一覧豆の焙煎度一覧

 

おすすめ挽き方

ベストは粗挽き

(出典:「De’Longhi コーヒー豆とエスプレッソ」より)

苦味が少なく酸味がやや強い豆の特性を生かすなら、粗挽きがおすすめです。ブルーマウンテンと同じ旨味を味わいたい時は、浅煎りですっきり仕上げましょう。

お店で買う場合も、自分で引く場合も挽き方でコーヒーの味が変わるので覚えておくと便利です。

 

製法と使用品種

製法:ウオッシュド

品種:ティピカ

 

記事のURLとタイトルをコピー