東ティモール産コーヒー豆のデータ(味/特徴/おすすめ焙煎度)

豆の味

  • 酸味:
  • 苦み:
  • 甘味:
  • キレ:
  • コク:

 

東ティモール産の特徴

モカのような酸味を感じる味ではなく、ブルーマウンテンのような強い苦味を感じる味の中にほのかな甘味もあります。

苦味・酸味・甘味それぞれのバランスがほど良く、新鮮な香りとスッキリとした味わいで飲みやすいです。ミルクや砂糖との相性も非常にいいです。

 

おすすめの焙煎度

酸味を効かせた爽やかな口当たりの浅煎りがおすすめです。浅く焼いてアメリカンコーヒーにしても良いです。
豆は完熟した実を一つ一つ手摘みで収穫し、すぐに果肉を落として加工しています。新鮮な豆の美味しさを引き立たせる最適の焙煎度です。

  • 酸味が強く、爽やかなテイストが欲しい場合。
    ・・・シナモンロースト
  • アメリカンを淹れるのに適したロースト。
    ・・・ミディアムロースト
豆を購入する際に「○○産のハイローストはありますか?」と聞くとスムーズです。
豆の焙煎度一覧豆の焙煎度一覧

 

おすすめ挽き方

ベストは中挽き

(出典:「De’Longhi コーヒー豆とエスプレッソ」より)

まろやかなコクと香り、苦味・酸味・甘味をバランスよく味わうなら中挽きがおすすめです。

フルーティーで、より果実感のある口当たりを楽しみたい時は、粗挽きにしてみるのもおすすめです。

お店で買う場合も、自分で引く場合も挽き方でコーヒーの味が変わるので覚えておくと便利です。

 

製法と使用品種

製法:ウオッシュド

品種:アラビカ、カネフォーラ(ロブスタ)、ハイブリッド・デ・ディモール

 

記事のURLとタイトルをコピー