ドミニカ共和国産コーヒー豆のデータ(味/特徴/おすすめ焙煎度)

豆の味

  • 酸味:
  • 苦み:
  • 甘味:
  • キレ:
  • コク:

 

ドミニカ共和国産の特徴

ドミニカ共和国産のコーヒーは、酸味も苦味も強くなく、すっきりとしていて飲みやすいのが特徴です。ナッツのような香りがあり、かすかにフルーティーな甘みがあります。ブルーマウンテンに似ている味ということでも人気が高まっています。

標高の高い農園で作られる高品質豆

完全に成熟したコーヒー豆を、基本的にはひとつひとつ丁寧に手摘みで収穫されます。選別しながら収穫するため、高い品質を保つことが可能です。また、国内消費量が多く日本への輸出量が少ないため、希少なコーヒー豆のひとつです。

 

おすすめの焙煎度

ドミニカ共和国産コーヒー豆の特徴である、あっさりと優しい味を活かすためにも、やや浅煎りから中煎り程度に焙煎すると飲みやすさを活かすことができるのでおすすめです。

  • コーヒー主体の味を楽しみたい
    ・・・ミディアムロースト
  • コーヒーのバランスはとれたまま苦味を感じたい
    ・・・ハイロースト
豆を購入する際に「○○産のハイローストはありますか?」と聞くとスムーズです。
豆の焙煎度一覧豆の焙煎度一覧

 

おすすめ挽き方

ベストは中細挽き

(出典:「De’Longhi コーヒー豆とエスプレッソ」より)

苦味とコクをバランスよく抽出できる挽き方で、あっさりとしたドミニカ共和国産コーヒー豆にぴったりの挽き方です。

お店で買う場合も、自分で引く場合も挽き方でコーヒーの味が変わるので覚えておくと便利です。

 

製法と使用品種

製法:ウォッシュド

品種:ドミニカカリビアンモカ、ドミニカプリンセサ、ドミニカフェリースカフェ

 

記事のURLとタイトルをコピー