キューバ産コーヒー豆のデータ(味/特徴/おすすめ焙煎度)

豆の味

  • 酸味:
  • 苦み:
  • 甘味:
  • キレ:
  • コク:

 

キューバ産の特徴

ブルーマウンテンを栽培しているジャマイカと気候や環境が似ているため、ブルーマウンテンに似た風味が楽しめるのが特徴です。

日本でも愛される高品質

半分が国内で消費されているものの、日本にも輸出されているので、国内でキューバ産のコーヒーを飲むことができます。しかし、ハリケーンによる被害に影響されやすく、高品質ではあるものの安定的な輸出ができていないのが現状です。

 

おすすめの焙煎度

豆が大粒なのに対して肉薄なため、自家焙煎で深煎りする際には火の入れ方や時間に十分注意する必要があります。

  • マイルドな味わいを楽しみたい
    ・・・ミディアムロースト
  • 苦味を引き出したい
    ・・・ハイロースト
豆を購入する際に「○○産のハイローストはありますか?」と聞くとスムーズです。
豆の焙煎度一覧豆の焙煎度一覧

 

おすすめ挽き方

ベストは粗挽き

(出典:「De’Longhi コーヒー豆とエスプレッソ」より)

フレンチプレスやネルドリップで丁寧に淹れ、より優しく豊かな香りを引き立てます。

また、キューバ産のコーヒ豆で有名な「クリスタルマウンテン」は、すっきりとしたアフターテイストが特徴なので、フレンチプレスであっさりとした味わいを楽しむのがお勧めです。

お店で買う場合も、自分で引く場合も挽き方でコーヒーの味が変わるので覚えておくと便利です。

 

製法と使用品種

製法:ウォッシュド

品種:主にティピカ種

 

記事のURLとタイトルをコピー