コンゴ共和国産コーヒー豆のデータ(味/特徴/おすすめ焙煎度)

豆の味

  • 酸味:
  • 苦み:
  • 甘味:
  • キレ:
  • コク:

 

コンゴ共和国産の特徴

軽い酸味とまろやかな甘みが特徴的です。上品でキレがあるので、いつまでも舌の上でコーヒーを味わっていたくなります。

熱帯雨林地帯に位置し、時期によっては2000ミリを超える雨量を観測します。そのため、生産の時期によって、甘味、コク、うまみのバランスが変化します。

 

おすすめの焙煎度

標高1410~2080メートルの高地で作られるコンゴのコーヒー豆は、元々柔らかく甘い口あたりなので、浅煎りがおすすめです。

味の酸味とキレをぐんと際立たせるなら、ライトローストにするのがよいです。また、軽いアメリカンを味わうようにしたいなら、ミディアムローストがおすすめです。

味の酸味を際立たせる
・・・ライトロースト
アメリカンのように軽く味わいたい
・・・ミディアムロースト

豆を購入する際に「○○産のハイローストはありますか?」と聞くとスムーズです。
豆の焙煎度一覧豆の焙煎度一覧

 

おすすめ挽き方

ベストは中挽き

(出典:「De’Longhi コーヒー豆とエスプレッソ」より)

香りと味をより引き出すには、中挽きをおすすめします。

家庭でもドリップやコーヒーメーカーで手軽に淹れられるので便利です。さらにコクを出したいなら、極細挽きにするのも良いでしょう。

お店で買う場合も、自分で引く場合も挽き方でコーヒーの味が変わるので覚えておくと便利です。

 

製法と使用品種

製法:フルウォッシュド

品種:アラビカ、ロブスタ、ブルボン

 

記事のURLとタイトルをコピー