中国産コーヒー豆のデータ(味/特徴/おすすめ焙煎度)

豆の味

  • 酸味:
  • 苦み:
  • 甘味:
  • キレ:
  • コク:

 

中国産の特徴

クセがなくバランスの取れた味わいです。苦味や酸味を抑えた全体的に軽く爽やかな味が特徴であり、比較的飲みやすいテイストです。

ほのかな甘味があり、後味としてフルーティーな香りが感じられる豆です。中国のコーヒーの大半は標高の高い雲南省で栽培されており、標高の高い環境で良質な味に仕上がるカチモール種が使用されております。

 

おすすめの焙煎度

シンプルに中煎りがおすすめです。バランスの取れた味を楽しむことができます。

  • クセの少ない豆の特徴を活かしたい
    ・・・フルシティーロースト
  • 少し酸味を感じたい
    ・・・シティロースト
豆を購入する際に「○○産のハイローストはありますか?」と聞くとスムーズです。
豆の焙煎度一覧豆の焙煎度一覧

 

おすすめ挽き方

ベストは中挽き

(出典:「De’Longhi コーヒー豆とエスプレッソ」より)

クリアでバランスの取れた味を活かすために中挽きがおすすめ。

より酸味やコクを引き立てたい場合には、細挽きも選択肢となります。一方で、そこまで個性の強い豆ではないことから、粗挽きにすると味が薄いと感じてしまうかもしれません。

お店で買う場合も、自分で引く場合も挽き方でコーヒーの味が変わるので覚えておくと便利です。

 

製法と使用品種

製法:ウォッシュド

品種:カチモール

 

記事のURLとタイトルをコピー