カナリア諸島産コーヒー豆のデータ(味/特徴/おすすめ焙煎度)

豆の味

  • 酸味:
  • 苦み:
  • 甘味:
  • キレ:
  • コク:

 

カナリア諸島産の特徴

イベリア半島沖の温暖な気候で育てられた豆は、豊かな甘味を持つ芳醇な味が特徴です。

コーヒーベルトの最北あたりに位置する火山灰の土地の独特な環境は、このコーヒーの複雑で濃厚な味を醸し出します。その香り高さには多くの愛好家がおり、スペインの多くの高級レストランで提供される高品質のブランド豆です。

受粉作業から精製まで、この孤島の現地において全て手作業で行われるため、とても希少価値があるとされています。

 

おすすめの焙煎度

柔らかいコクと透明感のある後味を引き立てるミディアムローストがおすすめです。

  • 苦みと酸味をより感じたい。
    ・・・ハイロースト
  • 強めのフレーバーを楽しみたい
    ・・・シティロースト
豆を購入する際に「○○産のハイローストはありますか?」と聞くとスムーズです。
豆の焙煎度一覧豆の焙煎度一覧

 

おすすめ挽き方

ベストは中挽き

(出典:「De’Longhi コーヒー豆とエスプレッソ」より)

豆本来の自然な香りとふくよかな甘味を感じたいなら、中挽きがおすすめです。爽やかな透明感のあるフレーバーと豊かな余韻が楽しめます。

より深いコクと苦みを引き出したいときは中細挽きにすると、より強い芳香を放ちます。

お店で買う場合も、自分で引く場合も挽き方でコーヒーの味が変わるので覚えておくと便利です。

 

製法と使用品種

製法:ウォッシュド、サンドライ

使用品種:ティピカ種

 

記事のURLとタイトルをコピー