カメルーン産コーヒー豆のデータ(味/特徴/おすすめ焙煎度)

豆の味

  • 酸味:
  • 苦み:
  • 甘味:
  • キレ:
  • コク:

 

カメルーン産の特徴

柑橘系の香り、独特な味が特徴的な豆。つんとした香りとキレがあり、飲んだ時に苦味を感じさせません。

アフリカの灼熱の大地で天日乾燥された豆はかぐわしい柑橘類の香りがして、苦みと酸味がちょうどよいハーモニーを生みます。

 

おすすめの焙煎度

カメルーン産の個性的な柑橘の香りを引き立たせる浅煎りがおすすめ。
アフリカの熱い地方で栽培される豆の風味を生かせる最適な焙煎度です。

  • カメルーン産らしい柑橘系の香りを感じたい
    ・・・ハイロースト
  • 苦味と調和するフローラル系の甘い味を強く出したい
    ・・・シティロースト
豆を購入する際に「○○産のハイローストはありますか?」と聞くとスムーズです。
豆の焙煎度一覧豆の焙煎度一覧

 

おすすめ挽き方

ベストは中粗挽き

(出典:「De’Longhi コーヒー豆とエスプレッソ」より)

個性豊かな豆の特性を生かせる中粗挽きがおすすめ。柑橘の独特の香りと苦味のバランスがとれます。
柑橘の香りをより引き出してシャープな風味にしたい場合には、中細挽きにしてみると違いが出ます。

お店で買う場合も、自分で引く場合も挽き方でコーヒーの味が変わるので覚えておくと便利です。

 

製法と使用品種

製法:フルウォッシュ

品種:ロブスタ、アラビカ

 

記事のURLとタイトルをコピー