カーボヴェルデ産コーヒー豆のデータ(味/特徴/おすすめ焙煎度)

豆の味

  • 酸味:
  • 苦み:
  • 甘味:
  • キレ:
  • コク:

 

カーボヴェルデ産の特徴

甘みとコクが強く、ベリーやスパイスの様なフルーティな香りを感じられる事が特徴のコーヒー豆です。
淹れたてのホットコーヒーは勿論のこと、冷めてもアイスコーヒーとなってしまっても、味を損ねる事の無い上品な甘みを保ち続けます。

大西洋の中央付近に存在する小さな島国、カーボヴェルデ共和国でのみ栽培されているこのコーヒー豆は、その栽培可能性面積の少なさから、希少なコーヒー豆の一つとされています。

 

おすすめの焙煎度

甘み、コク、香りをバランスよく楽しめるミディアムローストがお勧めです。
温暖な地域で栽培された豆の特徴を強く引き出します。

  • バランスのいい味を出すなら
    ・・・ミディアムロースト
  • より強くコクを感じたい
    ・・・シティロースト
豆を購入する際に「○○産のハイローストはありますか?」と聞くとスムーズです。
豆の焙煎度一覧豆の焙煎度一覧

 

おすすめ挽き方

ベストは粗挽き

(出典:「De’Longhi コーヒー豆とエスプレッソ」より)

酸味がやや強いため、酸味と苦味の出にくい粗挽きでライトテイストなコーヒーにするのがお勧めです。

より強く香りを楽しみたい場合は、中挽き、細引きがお勧めです。苦味、香りが強く出ます。

お店で買う場合も、自分で引く場合も挽き方でコーヒーの味が変わるので覚えておくと便利です。

 

製法と使用品種

製法:フルウォッシュド、ナチュラル

品種:ティピカ

 

記事のURLとタイトルをコピー